そもそもWiMAXとはどんなサービスなのか

WiMAXは、2015年に通産省によって認可を得た次世代型インターネット回線です。
5Gと呼ばれる高速データ転送を可能としており、一般的なWiFiサービスとは
大きな違いを持っているものです。

簡単にその概要を解説すると、駅や学校・公共施設で活用できるWiFiサービスは
IEEE8.08という無線信号です。ローカルエリアネットワークとも称されており、
通信範囲が限られているのが特徴となります。

ネット通信の一種

必ずルーターや中継器がないと使用をすることができず、
ネット回線を敷設していることも条件になるものです。

ところがWiMAXの場合はその限りではなく、ポケットWiFiを持っていれば
ワイヤレスでどこでもネット接続をすることができます。

それを実現できるのは、端末のなかにSIMカードが組み込まれているからです。
一種スマートフォンと解釈をしてもいいでしょう。

ポケットWiFiそのものが通信できる機能を有しており、
そこにタブレットやパソコンをつなげるわけです。

利用範囲が広く、1秒間に約150Mbpsのデータ転送を可能としているので、
動画の閲覧からオンラインゲームなど自宅のPCと同じサービスを利用できます。

WiFiとWiMAXの違い

ポケットWiFiを利用されている方は多くいらっしゃるでしょう。
今ではあらゆる業種でインターネットによる業務を実施するようになりました。

以前であればノートや書類を持ち歩いて、営業先に出向いていた方が
一般的でしたが、現在ではタブレット端末に必要なデータを入れて
先方に提示をするのが基本です。

タブレットでビジネス

常時ネット接続を可能とした環境も必要なため、各社通信事業社が提供をしている
モバイル型のWiFiが活用できるわけです。昨今注目を集めているWiMAXも、
一種のモバイル端末です。

一見すると両社とも同じように見えますが、WiMAXに至っては
5Gという次世代型通信規格になっているのが特徴になります。

ポケットWi-Fiの場合、屋外で使用することを前提としています。
それとは反対にWiMAXは屋外だけでなく、室内でも利用できる点が異なるわけです。

コンセントに差し込めば電気回路をアンテナとして活用して、
高速インターネット網を構築できます。

1秒間に10Gbpsのネット環境を用意出来る点も、通常のWiFiサービスとは
一線を画している点です。WiMAXがあれば、いつでも快適なネットライフを
実現できるものです。