使いすぎると速度制限されるので注意

高速モバイル通信サービスを提供しているWiMAXですが、使っていると通信速度が遅くなったと感じることがよくあります。これには様々な原因が考えられますが、いくつかの対処法を実行することで直せるので、ぜひ試してみてください。

そもそもWiMAXでは、特定のユーザーがを大量に消費して他のユーザーに迷惑をかけることを禁じています。例えば3日間で合計15GB以上使ってしまうと速度制限がかかるルールになっており、急激に遅くなったと感じるはずです。

このような場合にはまずは自分の使い方を見直して、大きなゲームアプリのダウンロードをしていないか、長時間にわたる動画配信サイトの利用も含めて確認するようにしてください。

こうした使い方は大量のデータ通信を発生させてしまうため、速度制限にかかる確率がかなり高くなります。

データの帯域

ダウンロードに関しては一度行ったあとは数日開けるようにし、動画配信サイトについても視聴する時間を減らしたり品質を落とすといった方法で対処することが可能です。

とにかく重いデータを読み込む行為と考えられる場合には、WiMAXを使う時間を空けたり分散させるなどして対処することをおすすめします。

端末が問題で速度が低下することも

通信速度を高める

WiMAXで大量のデータ通信を行っていないにも関わらず通信速度が低下した場合には、端末や通信モードに原因があると考えられます。これらの場合にも適切な対処をすることで直せるので心配しないでください。

端末に関しては再起動を行いましょう。使用しているスマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末には、現在の状況を元に戻すための再起動メニューがあります。

さらにWiMAX本体に問題があることも考えられるので、そちらも同じように起動し直すと確実です。

これらの対策を行っても速度に変化が見られないのであれば、通信モードを5GHzに切り替えるという方法を試してみてください。WiMAXには2種類の通信モードが用意されており、初期設定では2.4GHzになっています。

しかし問題がある場合にはこの通信モードを5GHzに変更すると、電波干渉から起こる問題を解決できるようになります。切り替え方法は設定メニューから簡単に行うことができるので試してみるのも一つの方法です。

なおインターネットでは何らかのトラブルによって、利用している会社全体のネットワークが遅くなることもあります。通信障害が起こっている時に色々といじってしまうと後で大変なので、復旧するまでしばらく待ってみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)