IPアドレスについて理解しよう

WiMAXを利用するなら、IPアドレスについて正しい知識を持っていることが大切です。
IPアドレスとはインターネット上の住所であり、それによってどこから接続しているのか分かります。

ホームページにアクセスすると、その運営者に把握されることになります。
しかし、分かる情報といえばプロバイダの種類やユーザーのいる都道府県ぐらいです。

ネットの個人情報

それ以上の情報を知りたければ、プロバイダに開示請求をしなければなりません。
そのためには法的な手続きを取る必要があるため、普通に利用している程度では行うことはないでしょう。

掲示板に実名を晒されたり、名誉棄損に値する被害を受けたりした場合に限られます。
とはいえ、IPアドレスを意識しながらWiMAXを使うように心がけましょう。

常にアクセス情報を残しているという意識を持つことが大切です。
利用するサービスによっては、IPアドレスに制限を設けている場合もあります。

したがって、WiMAXを最大限に活かすには、関連知識をしっかり持っておくことがポイントです。
とはいえ、最初はインターネット上の住所という認識だけでも構いません。
利用する範囲を広げるにしたがって、知識を増強していきましょう。

どちらが適用されるのか?

WiMAXの利用に際し、IPアドレスについて疑問を持つ人が多いです。
それはWiMAXで付与されるのが、グローバルIPとプライベートIPのどちらかという疑問です。

両者を簡単に説明すると、前者は契約ごとに与えられるもので、後者はそこからルーターなどで割り振るものです。
そう言われると、WiMAXの場合は前者だと考える人が多いでしょう。

しかし、実際には後者になっているので気を付けなければなりません。
ここで重要なのは、上層に位置するUQネットワークがグローバルIPを持っているという点です。

その下層に該当するため、必然的にプライベートIPという扱いになるわけです。
普通のプロバイダとは大きく異なるので気を付けてください。

普通に使っている限り問題は生じませんが、特定の用途において気を付ける必要があります。
グローバルIPでの接続しか認めないサービズが存在するのです。

気をつけること

たとえば、オンラインゲームの中にはそのような形式のものが少なくありません。
そうしないと、複数のアカウントを作って不正なプレイをする人もいるからです。

それゆえ、契約する前に予定している用途について調査しましょう。
どちらでも接続できる用途なら気にする必要はありません。