WiMAXと光回線と比較したときの特徴

WiMAXと光回線には、さまざまな違いがあります。
最も異なるのは通信速度で、WiMAXの平均下り速度は35Mbps程度しか出ません。
それに対して光回線の下り速度は、平均で200Mbpsも出ます。

比較をするとこれだけ速度に違いがありますから、体感でもかなり変わります。
動画を見るときも4Kの高品質で再生が可能なので、美しさは段違いでしょう。

また大容量のデータをダウンロードするときも高速ですから、あっという間に完了します。
しかし通信速度では劣るものの、WiMAXには優れている部分もいくつかあります。

回線速度の違い

たとえばスマホやタブレット、ノートPCなどのモバイル機器を使って
外出先で使用したいなら、WiMAXの一択です。場所を選ばずに使用できる
魅力があるので、モバイル機器を持ち運ぶなら圧倒的に有利になります。

また開通工事も必要なく、届いたルーターの設定をすればそれだけで完了します。
使い始めるまでの期間は最短なら申し込みの当日、遅くても3日後には
使い始めることができますから、手軽に使い始められるのも大きな魅力です。

両者にはそれぞれこのような特徴があるために、目的に合わせて最適な方法を選ぶのがおすすめです。

WiMAXが向いているネットの使い方

WiMAXの申し込みをするなら、把握しておかなければいけないのは速度制限です。
一定の期間内に定められた以上のデータを送受信してしまうど、速度が極端に遅くなり
快適にネットを楽しむことができません。

そのため短期間に動画をたくさん視聴したり、大容量のファイルをダウンロードしていると、
すぐに速度が低下するので思うように使えなくなるでしょう。

ですからWiMAXが向いている人は、SNSやWEBの閲覧など軽いデータのやり取りがメインの人です。
大容量のデータをやり取りしなければ、基本的には速度制限に引っかかることはほぼありません。
いつでも通常通りの速度で接続できるので、使っていてストレスを感じるケースはあまりないでしょう。

ストレスフリーなネット環境

逆に向いていない人の特徴を挙げると、動画や音楽を頻繁にストリーミングやダウンロードして視聴する人です。
動画や音楽などのコンテンツは大容量のデータをやり取りするので、すぐに制限に引っかかるようになります。

またオンラインゲームをメインに楽しむ人も、同じように向いていません。
オンラインゲームは通信速度だけではなく安定性も重要になるので、自宅に固定回線を用意するのがベストです。