WiMAXの特徴について

現代は子供も大人もスマートフォンを使いこなし、学校や職場でもパソコンなしに授業や業務を行うことは不可能になってます。

さらに新型コロナ感染拡大で、人々の生活は大きく激変しました。ステイホームが叫ばれて自宅から授業や仕事をリモートで行う必要が出てきたんです。

仕事をリモートで行う必要

そして感染対策としてできるだけ密になる場所を避けなければならず、日々の日用品や食材の買い物もネットスーパーで行うようになりました。そのため光通信やプロバイダー選びは多くの家庭で重要な問題になってるんです。

外出先でもスマートフォンを快適に使うには、wifiが必要であってどのプロバイダーを選ぶべきか困惑する人も少なくありません。

そこでおすすめしたいのがWiMAXです。

5Gに対応し、室内で室外でも高速化が可能であって、容量制限も制限がなく追加料金も発生しないんです。

ホームルーターやモバイルルーターも選択可能であって、自分の使用頻度や生活様式、使う場所などを考慮し、最適な法を選択していくと良いでしょう。2020年時点で契約は3500万件声であり、現在でも契約数がうなぎのぼりになってます。

それだけ人気があり、信頼のおけるwifiなのです。

WiMAXのバッテリー消耗を回避するには?

バッテリー消耗を回避

WiMAXがこれほどまでに契約数を伸ばし、人気になっているのはWi-Fi開通の簡便さの為であると言えるんです。WiMAX+5Gはコンセントに差し込むだけで即座にWi-Fiが開通するんです。

そしてWiMAXのユニークなテレビコマーシャルも契約数の増加や認知度、PRに大きく貢献したのは言うまでもありません。

ホームルーターの簡便さは満島ひかるさん起用の王妃のコマーシャルによって、多くの人の知ると凝りになったんです。

Wi-Fi開通の簡便さの他、モバイルルーターも外出先で最適なネットワークに接続してくれ、その高速化は他社よりも秀でており、ますます契約者を増やすことになってるんです。UQ三姉妹深田恭子さんや多部未華子さんのコマーシャルによって、契約差が、増えたのも事実です。

しかしモバイルルーターをもって外出してもバッテリーの電力消耗は不可避です。接続が拘束下でスピーディーであっても電力消耗にあらがうことができません。

そして休止状態でも電力は消耗します。まず電源を切ったり、同時接続台数を一台にすることでバッテリー持ち時間を延ばすことが出来るんです。

さらにBluetoothに接続すると1時間ほどのばすことが出来るんです。