WiMAXはモバイルルーターです

WiMAXは最大では有線LANに近似した速度でインターネット接続が可能な高速モバイル通信回線です。
現在ビデオ通話で高いシェアを誇るZoomでも、600kbpsの速度を満たしていれば遅延も発生せずに快適に利用出来ると言われております。

WiMAXは1237Mbpsまで対応しているので、混雑時などでなければストレスのない利用が理論的には出来るのです。
通信速度は電波状況や屋内や移動中などの条件によっても異なりますし、混雑具合にも影響を受けるのが特徴になります。

大きな事件や事故などがニュースになった時に、ユーザーが同時にインターネットサイトに集中するとサーバーに負担がかかるように、回線も遅延や混雑によってアクセスの安定性が落ちてしまうことも少なくありません。

アクセスが不安定

WiMAXは大手キャリアの傘下企業が運営している関係上、大手キャリアの回線とMVNO回線をダブルで適用しております。
どちらかに遅延が発生すると切り替えたり、二つの帯域を上手に活用しながら速度の安定を維持するシステムになっているのです。

大容量通信をしながら月額定額なので、ヘビーユーザーから大容量の通信が必要な人まで幅広く利用出来るのがWiMAXになります。

WiMAXでZoomを使う推奨速度

Zoomの推奨利用環境はプロセッサ要件1 GHz シングルコアプロセッサ以上、iOS 8.0ブラウザ以上で動作確認がされております。
もちろん同等のアンドロイドスマートフォンでも利用出来るので、機種は幅広く使えると考えて間違いありません。
通信環境は600kbps程度あればいいと言われており、最大1237Mbpsの速度があるWiMAXでは問題なく利用することが可能になっております。

時間帯の違い

また多人数での使用は推奨速度1.2Mbps以上と言われておりますが、もちろんWiMAXの実用速度以下なので十分に適用してストレスのない利用が可能なのです。
無線だけではなく有線でも通信回線の混雑度によって速度が変化し、混雑時には回線をシェアしながら使う性質上17時から23時頃まで速度が遅くなったり、逆に早朝は理論値に近い速度でインターネット接続が出来るなどの特徴があります。

Zoomの場合にはそれほどシビアなデーター容量は求められておりませんので、無線LANやモバイルルーターでの通信も可能です。
動作が不安定な場合には有線接続をして利用したり、競合アプリをオフにするなどの工夫が必要になります。

他にも設定によっては遅延もあるので事前確認が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)