工事不要のWiMAX

WiMAXの利便性と速度制限について

WiMAXは大手キャリア通信事業の傘下企業が展開している、高速モバイル回線サービスです。
WiMAXはモバイルルーターとセットで利用することでWiMAX電波を受信して、安定した速度でインターネットへのアクセスをすることが出来ます。

たとえば仕事で複数のデジタルデバイスを所有しており、切り替えながら使う時などにも便利な存在なのです。
またデータ容量の大きなオンラインゲームで利用すれば、遅延も少なく移動中でも思い切りゲームをプレーすることが可能になります。
自宅でも外出先でもポケットサイズの、持ち運べるWi-FiルーターがWiMAXとモバイルルーターなのです。

持ち運べるルーター

近年ではデーター容量の拡大により高速化が進んでおりますが、更なる高速規格である5G回線もエリアを拡大しながら導入されております。
5Gは高速な分だけ利用していればデーター容量が大きくなり、通信制限になって低速接続へ切り替わる可能性も少なくありません。

以前は明確に3日間で10GBや15GBの利用をすると速度制限になりましたが、現在は緩和されて上限がさらに上昇したことが先日公式に発表されました。
今後の上限については公式発表を待つ段階ですが、スマートフォン単体のSIMに比べて大容量なのは間違いありません。

WiMAXの便利な使い方

WiMAXはMVNOの電波と大手キャリアの電波を使うことで、どちらの帯域でも利用が可能になっております。

朝の通勤ラッシュ時などには電波回線の混戦により接続が不安定になるものの、受信帯域が2つあることで途切れにくい安定した接続が可能になるのです。
WiMAXはWiMAX電波を利用して、高い受信感度を誇ると共に従来のモバイル回線よりも速い速度で利用することが可能になります。

回線が高速

5G対応エリアではオプションで高速大容量回線が使えたり、自宅で複数同時接続のホームルーターをレンタルして利用することも出来るのです。
モバイルの利用が多い職場では、こうした無線ホームルーターを設置しておくと利便性が高くなります。

受信感度が高い環境の職場ならば、不安定な回線でビジネスチャンスを逃してしまうことを未然に防いでくれるのです。
モバイルルーターのメリットは他にもあり、建物内で有線LANがなく工事も対応していない場合などには、モバイルルーターを窓際にドック設置してWIFI環境を構築することが出来ます。

月額定額のためにコストパフォーマンスに優れた運用が可能であり、プライベート空間の通信環境を充実させてくれるのです。