工事不要のWiMAX

新型コロナウイルス蔓延による在宅勤務事情

新型コロナウイルスは、私たちの生活に大変大きな影を投げかけて来ました。
このウイルスの特徴は、人が発する呼気から感染が広がるというものです。

したがってこれまでのように、多くの人々が1つのオフィスに集まって仕事を行うということが困難な状況が発生しました。
そのことにより在宅勤務を行う事業所が数多く出てくるようになりましたが、そのために個人の家庭と職場を結ぶインターネット回線を用意する必要があります。
ただ、会社と個人が持つ回線は、セキュリティ上も費用上も分けておくことが必要です。

会社のセキュリティ

この様に在宅での勤務を行う際には家庭と職場を結ぶ通信網整備が必要ですが、通常の携帯電話などの回線では速度の面で不満があります。
そのようなことで、無線回線であるWiMAXを利用することが行われています。

WiMAXは、データ通信を行うことを主眼としたモバイル回線網です。
通常の携帯電話の回線が、通信が途切れることなく繋がっているということを主な目的としているのに対し、WiMAXでは大量のデータを送受信するということが目的となっています。

この回線の利用して、データ通信を高速で行うことが可能なインターネットへの接続に用いる事で、リモートワークが安定的に行えることになります。

高速通信が可能な WiMAX モバイルルーター

ここまで述べてきた様に、WiMAXは通常の携帯電話の回線とは異なりデータ通信を主眼としたものになっています。

もう一つの特徴としては、携帯電話と同様にモバイル無線回線であるということです。
このことから、専用回線を引かなくてもモバイルルーターを利用することによって、インターネットを容易に接続することができます。安心のリモートワーク

WiMAXの回線速度は、他の携帯電話回線を大きく凌駕します。
それはもともとWiMAXが、大量のデータ通信を行うことを目的として作られているからです。

この回線を用いることにより、最低でも0.526Mbpsの通信速度を得ることができます。
この速度は、大画面の動画で必要とされる高速度ではないにしろ、テレビ会議システムや様々なデータ通信を行う際には十分な速度となっています。

このように、モバイルルーターを利用して気軽に使用できる事や高速通信ができることから、この回線を用いてテレワークが数多く行われています。
経費的にも個人回線と分離した収支が可能でますので、会社の事業のみで使用するという制限を加えることも可能になります。
新型コロナウイルスの蔓延時における、リモートワークを利用する際には最適の通信方法です。